花とウォーキングシューズ

お花写真と俳句などです

ちょっとお伝えしたいこと。

ちょっと休んだら元気になりました。ブログ書きます。アンデルセン公園ジキタリスです。夏の花ですね。

 

 

白いエゴの花。とても涼やか。

 

 

花壇にはキンギョソウがぎっしり。

 

 

ザクロの花も健康です。

 

 

近所のマツヨイグサアップ。まだ朝日が輝く前で、しっとり透明感。

 

 

これはツツジ。後ろボケてますがドクダミが咲いていました。

 

 

あじさいちょっとずつ咲き始めます。

 

 

枯れたチューリップの葉っぱの影に小さなマリーゴールド



それにしてもつくづく思うのですが、そうではない人には申し訳ないのですが、今私は本当に幸せです。

統合失調症という病気はこれ以上考えられないほど精神的に辛いもので、薬も昔のものだったし、ひどい状態が呆れるほど長く続きましたが、今の現状には感謝の念しかありません。

 

私は頑張ったし、家族も友人も医療側も徹底的にサポートしてくれたし、おかげでまた発病する危険はあるけれど、今小康というよりはもうちょっと元気な気がします。

 

発病の危険がなかったらほぼ完治と言っても良いと思います。ちょっと体と心が弱い人という程度を維持しています。

 

本当にいろいろな思いを重ねました。

 

でも今となっては世の中の全ての人に幸せな状態になって欲しいと願うばかりです。

 

生きている間に幸せでないのはもったいないですから。

 

今でも私の生活は目茶苦茶にちかいと思います。家の中はぐちゃぐちゃだし、いつ寝ていつ起きるか分からないし、そもそもあまり布団敷いて寝ないし、家族以外の人と会うのは週に2日ほどだし、2ヶ月前に歯が折れたけど歯医者に行く気しないし、当然、家事もそれなりにしかできません。

 

それでもこの多幸感です。事実幸せなのです。

 

ただのできない人が、写真撮ることを覚えて、それが素晴らしい体験で、というのも、光と花の命のあいまった輝きが圧倒的で、それが世の中の至る所に有って、ほんとうにこちらまで息を吹き返す思いがするからです。

 

そしてそれを伝えられること。ブログありがたしです。私の状態を理解してくださる方がいらっしゃるのです。

人の心は繋がっていると思いました。

 

この世には写真に限らず、人が幸せを感じることができる工夫がたくさんあると思います。ものを作ることや、育てることや、食べることや、歌うことや、演奏することや、走ることや、歩くことや、どうかそういう自分にあったことを見つけてつくづく喜んでほしいです。

 

喜びを味わうことが下手な人ってたくさんいらしゃると思います。私も良くわかっていなかったです。でも生きていられると感謝するしかない状態ってあると知りました。

 

どうかみなさんがそれぞれ自分なりの工夫をして幸せを感じられますように願うばかりです。

 

拙文失礼致しました。

今日は幸せすぎてどうしても俳句できないです。

 

ではではお待ちかねー。コトダマ様です。

 

へいわをよぶぞう

 

これやんないと申し訳ない気分なんです。皆様ありがとうございました。