花とウォーキングシューズ第二章

俳句絵日記です 。 

牧野富太郎植物記1野の花1

f:id:natsunoasa777:20220506144203j:image

花のことをもっと知りたくなり、牧野富太郎さんの本を少しだけ当たってみました。

青空文庫で何冊か、大人向けの本もありますが、言葉遣いが厳めしく、読みづらく、結局、子供から大人まで親しめる1973年初版の本を図書館で借りました。

少し古いけれど、ルビが降ってあるし、ですます調だし、絵や写真もついていて親切な本です。

冒頭の「牧野富太郎博士のことば・植物はわが友」という文章が本当に味わい深く、わかりやすく、素晴らしいです。大切な事を伝えています。

紹介されている植物も、春の七草からはじまり、オオイヌノフグリ、スミレ、ツクシ、フキ、タンポポヨメナヒメジョオンなどなど身近な植物から始まっています。

多くの図書館にある本ではないでしょうか。

花の本体の説明も詳しく丁寧で、一回読んだだけでは到底覚えきれません。

でも一回読んだだけでも、いろいろ面白いことを知ることができます。

牧野富太郎植物記〈1〉野の花

全8巻だそうで、楽しみにゆっくり読んでいきたいと思います。

しかし、ほんと、いい本です。新しい版出ないかなあ。

さて、近所の花を渉猟して回り、だんだんめぼしい花がなくなってきました。

でも文章を書くと心が落ち着くという現実。

無い知恵を絞ってなにかしらを紹介したいと思いますが、うまくいくといいなあ。

 

 図書館に五月の匂い光窓