花とウォーキングシューズ

俳句といろいろです。

いい加減社会復帰しようと思う。


f:id:natsunoasa777:20230128160854j:image
趣味が煮詰まっている。

でも命はまだ残っている感じ。

今から社会復帰できるかなあ。

いや。やらなきゃ。

 

ということで、半月ばかり資格の勉強をしておりましたが、いけそうかも!と勢い込んだところ、その資格が精神障碍者相対的欠格事由に当たることが判明。

私の診断書じゃ、万一資格受かってもとても免許降りないわという感じで、

しばらく泣き暮らしていました。

 

が、まだ命が残っています。

どうしたものか。

 

申し込んでしまった、市民園芸講座の当落通知は2月上旬にならないとこない。

あと、2週間、手をつかねて命を煮詰まらせているのはとてもつらいのです。

 

調べたところ、

精神障碍者絶対的とか相対的欠格事由はなかなか多くて、

士業はまずダメ。

通訳案内業は絶対的欠格事由。

いろいろと夢と希望が打ち砕かれるのです。

障碍者枠、で週五日、5時間ずつ働くのが無難なのでしょうが、おそらく、時間つぶしのような仕事しかないんじゃないかなあ。

年も年だし。デスクワークできれば御の字かもしれないのですが。

しかし~。

仕事したいです。

できれば~納得できるような仕事がしたいです。

80歳まで何とかして働きたいです。

どうすればいいかなあ。

自分で考えて、自分で営業するしかないかなあ。

しかし、30年引きこもっていた人間に何ができるかなあ?

障碍者枠には入れれば、もしかすると厚生年金には入れるかもしれないけれど。

うーん。最初は障碍者枠に入れてもらおう。仕事覚えなきゃ。

4月から3か月週五で職業訓練校入って、MOSとかITパスポート取れるかもしれないけれど。時間もったいないかなあ。いや焦っちゃダメダメ。

どの辺の分野で仕事するかすら決まってない。

実入りのいいのは不動産業か?などと考えているのでした。

そういや土地には関心あるんだよなあ。

畑ですが。

宅建・・・?あれは成年被後見人復権したらすぐ免許降りるようです。

 

という感じで、だいたいが腹黒い人間なのでした。

お粗末様です。

 

もっとも、不動産業界で働いている人知らないし、何となくこわもての世界のような気もしますが、女性に特化したニッチな需要ないかな。

と、また妄想モード。

 

園芸講座当たったら、どうなるかわかりませんが。

まずは体鍛えるために、障碍者手帳握って、体育館通おうっと。

(こんな文章公開するのか!)

新年おめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。今後、世の中何があっても元気出していきたいです。来てくださった方が楽しんでくだされば幸いです。キャンバスがないので、天使がウサギになりました。重ね描き。


f:id:natsunoasa777:20221231131252j:image

なんて子どもがえりのように大晦日の朝に描いてたら、お腹痛くなっちゃって思うように働けず、顰蹙でした。

派手に煤逃げてますが、掃除かろうじてやって黒豆は煮ました。

いい加減病人から脱却しようと思います。

あ、それと俳句ですが、去年混乱することがあって暫くお休みしてましたがこつこつ復活させます。何もかもお目汚しですがどうかご愛顧の程を。

 

 

煤逃げや絵筆離せぬ一昼夜

 

共にあることひしひしと大晦日

 

冬の闇敷居にもんどり打ってをり

 

翼竜の背中に鱗冬銀河

 

立ってみて走り込んだり去年今年

 

初春の土早々に夜に踏む

 

 

 

 

筆遊び

みんな幸せになるといいね。f:id:natsunoasa777:20221230082736j:image

ウェディングケーキの絵はどうもあんまりパッとしませんでした。2023年に向けて自己流に絵画セラピーしてる感じです。

すっきりして新年を迎えたい〜。

絵はやめられそうにないなあ。

 

小休止。


f:id:natsunoasa777:20221228144007j:image


f:id:natsunoasa777:20221228144019j:image

気分転換に太極拳の体験講座に行った。3時間早く間違えてしまった。で、久々に体育館の周りでスマホ写真。サザンカしかありませんでしたが、花はやはり綺麗です。良かったのは使えなくなっていたスマホの接写レンズが何故か治っていたこと。

で、今日はここまで描きました。
f:id:natsunoasa777:20221228193955j:image

大八車とそしられたワゴンは心の傷になったので車輪を下げたのですが、やっぱり元のほうが良かったと他人に振り回される性格を反省しました。後の祭りです。何というか漫画ばかり読んでたことがバレてしまうような絵です。

これが描き終わったら、実は森の中で立ち上がる熊を描きたいのですが、こんなに遊んでばかりだと本当にお正月を迎える準備ができそうもありません。どうするかな。

ウェディングケーキが描きたい

結局、雪原は諦めて、渓谷にした。岩を上に継ぎ足せば、画面が埋まる。こんな感じかなあ。
f:id:natsunoasa777:20221227130102j:image

で、全く脈絡がないのだが、ウェディングケーキが描きたい。なぜウェディングケーキなのか自分でもわからない。最近ケーキ食べていないせいなのか。結婚にまだあこがれているのか。とにかく五段重ねくらいある高い高い真っ白の飾りがいっぱいついたウエディングケーキの絵が大きく描きたい。

しかし、真っ白なケーキの絵なんて、白にうっすらと影を付けただけで描かなければいけないような気がする。クリームの影なんて至難の業なんじゃないだろうか。まあいいや。時間あるし。描きたいんだから。背景を濃い色で塗ればいいのかもしれない。ん-でも。寒色じゃ寒々とする気がするから暖色を使うのか。

赤やピンクのバラを散らせた背景に大きくケーキの絵を描くといいのかな。

しかし水彩でも色鉛筆でも迫力が出ないなあ。

うーん。ストーリーを考えよう。

時は風薫る五月。場所は緑の芝生のガーデンパーティ。18歳で大学に進学せず製菓学校へ行って、東京のケーキ屋さんで働くパティシエ修行中の花嫁が、24歳になって、高校時代からお付き合いしていた商社マンの同級生と結婚式を挙げることになった。もちろんウェディングケーキは腕によりをかけて、手作り。結婚式前夜徹夜して仕上げたケーキを大きな冷蔵庫から取り出して5段重ねに組み立てて、ワゴンに乗せて、結婚式場の庭に運び込んで来た、というところを描きたい。

ウェディングドレス姿でワゴンを押すのだ。いいなあ。24歳だからなあ。しかし今はコロナでオンライン結婚式かあ。まあここはここで。別世界ということで。f:id:natsunoasa777:20221227170147j:image

ワゴンが決まらない。馬車のような華麗な銀色のワゴンにしたいのだが、そんなもの存在するのだろうか。

結局ワゴンは考えた。あと花嫁の顔を描くとメインがケーキではなくなってしまうので後ろ姿を描くことにした。厨房を出てパーティ会場に向かうところ。
f:id:natsunoasa777:20221227224541j:image

うーん。家族に見せたら何この大八車って言った。。。。どうせ私は庶民ですよ。。